/

この記事は会員限定です

曖昧な議員の「産休」期間、労働基準法適用されず

[有料会員限定]

自民党の稲田朋美元防衛相ら有志議員でつくる「女性議員飛躍の会」は15日、女性議員の産前産後の休業についての勉強会を開いた。国会だけでなく、地方でも多くの議会が出産を欠席の理由として認めている。だが、期間については9割以上の議会が明文化していない。飛躍の会は母体保護や女性の政治参画の観点から、明確な取得期間を求める方向だ。

国会では2000年に橋本聖子参院議員が出産した際、参議院規則を改正して欠席届...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り252文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン