/

この記事は会員限定です

進まぬ産学連携、遠い目標 目利きや人材流動性に課題

科技立国 落日の四半世紀(4)

[有料会員限定]

「企業から大学への投資が不十分」「大企業とスタートアップの事業連携が困難」「大学発スタートアップの創出が不足」――。16日、2021年度からの科学技術・イノベーション基本計画(第6期基本計画)を検討する有識者会議は、イノベーションを生み出す方策を議論した。

これまで言い尽くされてきたような現状の課題が改めて指摘され、抜本的な改善が必要だとの認識が共有された。科技政策がイノベーションにつながってい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1527文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン