処理水放出決定へ向け 意見集約、政府会合

2020/10/23 9:23
保存
共有
印刷
その他

政府は23日午前、東京電力福島第1原子力発電所の廃炉・汚染水対策チーム会合を首相官邸で開いた。梶山弘志経済産業相のほか環境省など関係省庁の副大臣らが集まり、原発にたまり続ける処理水について地元関係者や一般市民からの意見を整理した。海洋放出決定へ向けて、政府内の調整を進める。

意見整理の結果を踏まえて、今後、関係閣僚会議を開いて海洋放出を正式決定する見通しだ。政府は4月から10月にかけて意見聴取会を開き、地元自治体や漁業関係者などの意見を聞いた。

一般市民などからも意見を公募した。公募では4011件の意見が寄せられた。「処理水の安全性への懸念」が約2700件、国民の合意が取れていないなどの「合意プロセスへの懸念」が約1400件などとなった。

2011年に炉心溶融事故を起こした福島第1では、高濃度の放射性物質に汚染した水が1日平均180トン(19年度)発生している。主要な放射性物質を取り除いた処理水は敷地内のタンクに123万トン(9月17日時点)たまっている。東電は20年中に計137万トン分のタンクを確保するが、22年10月にも満杯になる見通しだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]