/

米大統領選、投票前最後の直接対決 コロナで激しい応酬

(更新)

【ワシントン=永沢毅】米大統領選は22日夜(日本時間23日午前)、米南部テネシー州ナッシュビルでテレビ討論会を開いた。共和党の現職、ドナルド・トランプ大統領(74)と民主党候補のジョー・バイデン前副大統領(77)が11月3日の投開票日を前に最後の直接対決に臨んだ。

新型コロナウイルスへの対応を巡る応酬で幕を開けた。トランプ氏は全米各地での感染拡大は峠を越え、収束に向かっているとの見解を示した。ワクチンを「数週間以内に配布できる。ウイルスは消えてなくなる」と主張した。

バイデン氏は「まだ包括的な計画がない。暗い冬に入りつつある。大統領にとどまるべきではない」と現政権の対応を非難した。経済や学校の再開に関する国家的な統一基準をつくるとして「私たちはこの危機を終わらせる」と政権奪還の必要性を強調した。

トランプ氏はバイデン氏の息子、ハンター氏とウクライナ、中国とのビジネス関係を巡る疑惑を追及し「説明する必要がある」と迫った。保守系メディアはハンター氏が父親の存在を利用して多額の報酬を得ていたと報じている。

バイデン氏は「私はどの外国の政府からも1ペニーたりとも受け取ったことはない。息子も倫理に反したことをしていない」と切り返した。そのうえでトランプ氏が納税額を少なく抑えていた問題を取り上げて「何を隠しているのか」と公開を要求した。

トランプ氏は上院議員と副大統領をあわせて半世紀近く務めたバイデン氏を「あなたは言葉だけで行動が伴わない。あなたが良い仕事をしていたら、私は出馬していなかった」とあげつらった。バイデン氏は「この国の品格が問われている選挙だ」と述べ、大統領にふさわしいのは自分だと訴えた。

外交・安全保障政策では、トランプ氏が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長と「良い関係を築いている。戦争にならなかった」と述べ、3回にわたる米朝首脳会談の成果を強調した。

バイデン氏は米朝会談によって「北朝鮮に正当性を与えた。悪党を受け入れてあらゆる同盟国を傷つけている」と非難。自らが大統領に就任すれば、首脳会談の条件として北朝鮮が核能力の削減に同意することを求めるという立場を示した。

さらに中国やロシア、イランが大統領選に干渉しているとして「私が大統領になれば彼らは代償を支払う」と警告した。

政治サイト、リアル・クリア・ポリティクスがまとめる各種世論調査の支持率(22日時点)でバイデン氏は50.7%、トランプ氏は42.8%。トランプ氏がどこまで巻き返しの機会にできるかが最大の焦点となった。

互いの不規則発言で混乱した9月末の初回とは一変し、両候補が発言を妨害する場面はほぼなかった。トランプ氏はおおむね落ち着いた振る舞いで、司会者の質問を最後まで聞き、発言時間が終わると話を途中で切り上げることもあった。

今回は発言妨害を防ぐ新たな仕組みを導入した。ある候補が各テーマの冒頭でそれぞれ2分間話す際は、別の候補の音声マイクを打ち切る。

テレビ討論会は計3回を予定していたが、10月15日に設定されていた第2回がトランプ氏の新型コロナ感染の影響で中止となった。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン