/

この記事は会員限定です

テスラ株、パーティーはいつまで続くか

米州総局 中山修志

[有料会員限定]

22日の米株式市場でダウ工業株30種平均は152ドル高と反発し、2万8363ドルで取引を終えた。朝方発表された新規の失業保険申請件数は市場予想を下回ったものの大きな材料にはならず、午前の取引は方向感を欠いた。民主党のペロシ下院議長が追加経済対策の合意に前向きな意向だと伝わり、午後には買いが優勢になった。

21日夕に四半期決算を発表したテスラが一時、前日比5%高と買われた。2020年7~9月期の純利...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1095文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン