/

この記事は会員限定です

政党綱領、結集の壁に 合流新党の不参加要因

[有料会員限定]

野党勢力の結集を狙った合流新党「立憲民主党」は国民民主党の一部が参加を見送った。主因は作り直した政党綱領に明記した「原発ゼロ」という文言だった。政党が目指すべき理念を示す綱領は、具体的に書けば書くほど現実の壁に直面する。自民党や共産党にも修正の歴史がある。

「支持者の仕事をなくすような綱領が入った新党には入れない」。新党の綱領案が明らかになった8月、民間企業系の産業別労働組合(産別)を支持母体とす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2061文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン