/

この記事は会員限定です

欧米、コロナ再流行対応割れる 重症化回避カギ

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルス感染が再び急増する欧米で、各国の対応に濃淡が出ている。春に比べ死者数の増加ペースが緩やかなため、多くの主要国は経済活動の継続をめざして全面的なロックダウン(都市封鎖)に慎重だ。医療崩壊の危機が迫るチェコなどは全土封鎖に踏み込んだが、一部の専門家の間では若年層の厳しい行動制限は不要だとの見方もある。重症化の回避へ模索が続く。

欧米には春先の新型コロナ「第1波」を上回る感染拡大の波が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1388文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン