立命大がBKCに社会起業家育成拠点、滋賀県と合意

2020/10/22 21:06
保存
共有
印刷
その他

学校法人立命館の森島朋三理事長と滋賀県の三日月大造知事は22日、立命館大びわこ・くさつキャンパス(BKC、滋賀県草津市)のあり方について意見交換し、社会起業家などを育成するスタートアップ拠点を開設することで合意した。森島理事長は「学内にある起業家育成プログラムや10億円のファンドを生かして地域社会の課題解決に取り組むと提案した」と説明。時期などは未定とした。

三日月知事は「実証実験や事業化に向けた連携協力をさらに進めていく」と強調。意見交換に加わった草津市の橋川渉市長は「市のベンチャー支援制度なども活用したい」と話した。今回の協議はBKCにある情報理工学部が2024年4月に大阪いばらきキャンパス(OIC、大阪府茨木市)に移転することを受けて開かれた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]