/

この記事は会員限定です

育ての親と実母、リアルに 映画「朝が来る」

[有料会員限定]

「Vision」で大自然に包まれ育まれる心の交流を描いた河瀬直美監督の新作である。辻村深月の同名小説を基に、監督の作品世界で大きなテーマである家族の絆を、特別養子縁組という制度に光を当てながら、育ての親と実母の視点に子供の目線を交えてリアルに描き出している。

東京のタワーマンションで暮らす清和(井浦新)と佐都子(永作博美)の夫婦は、夫の無精子症のため子供ができずに悩んでいた。ある日、テレビ番組で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り647文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン