/

この記事は会員限定です

日産やスズキ、燃費改善の切り札として軽量化に活路

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

自動車メーカーや部品各社が燃費改善の切り札として部品や素材の改良による車両の軽量化を急いでいる。スズキはゴム系部材で屋根部分の重量を半減し、ブリヂストンは従来より2割軽い新型タイヤ技術を開発した。国内では2030年度までの新しい燃費基準が施行され、海外でも改善圧力が高まる。各社の研究開発は将来の競争力を左右する力を秘める。

スズキは今年発売した新型の軽自動車「ハスラー」の屋根部分に初めてゴム系新素材の制振材を採用し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1290文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。最初の1カ月間無料で体験いただけます(初回限定)。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン