/

この記事は会員限定です

植物系廃棄物から高効率の再生燃料 ビックス、岡山で

[有料会員限定]

経営コンサルティングのビックス(京都市)は、岡山市内の研究開発室で使用済み食用油や製油の搾りかすなど植物系廃棄物を活用した植物バイオマス燃料を開発した。燃焼効率は石炭とほぼ同等といい、温暖化抑止の効果が期待できる。廃棄物処理コストも圧縮できるため、近く県内に本格的な製造拠点を設け協力企業を広げる計画だ。

開発した植物バイオマス燃料の基礎素材となるのは、天ぷら油などの使用済み食用油(廃食油)のほか、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り950文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン