/

この記事は会員限定です

広島の「半べえ温泉」閉店へ コロナ禍、設備更新断念

[有料会員限定]

広島市の温浴施設「半べえ温泉」が11月8日に閉店する。ボイラーなどの大型設備が更新時期を迎えたところに、新型コロナウイルスの感染拡大が重なった。運営会社の投資余力がなくなり事業の継続を断念。2003年に開業した半べえ温泉は高温のサウナや併設のレストランが特徴で、市民の憩いの場となってきた。利用客からは惜しむ声があがっている。

温浴施設と併設のレストランを閉める。駐車場を含めた広さは約5600平方メ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り858文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン