/

この記事は会員限定です

アートGHD受注拡大へ ヤマトの資源を活用

[有料会員限定]

引っ越し大手のアートグループホールディングス(GHD、大阪市)は引っ越し事業でヤマトホールディングス(HD)との協業の検討を始めた。同業界は人手不足が深刻だが、ヤマトHDは代金過大請求問題で作業員の稼働率が落ち込む。アートGHDはヤマトHDの余剰人員の活用や需要増が予測される関東エリアのカバーなどを狙うとみられる。

アートGHDは「ここ数年、3~4月の繁忙期には受注を受けきれない」(寺田政登社長)。業界全体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り346文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン