DX推進、「脱ハンコの次は領収書」 freee佐々木CEO

2020/10/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス禍に伴うテレワークの拡大をきっかけに、急速に職場のデジタルトランスフォーメーション(DX)が進み始めた。菅義偉政権も「脱ハンコ」を掲げ、社会のデジタル化に取り組む方針を示している。クラウド会計ソフトなどを手がけるフリー(freee)の佐々木大輔最高経営責任者(CEO)に、今後の事業展開とDXが浸透するための条件を聞いた。

――コロナ禍で事業環境は変わりましたか。

「当社の顧客は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]