/

東武鉄道とJTB、日光で観光MaaS導入へ

東武鉄道とJTBは次世代移動サービス「MaaS(マース)」を2021年度に栃木県日光市で導入する。東京と日光を結ぶ東武の特急や市内を走る路線バスの検索や予約、決済を1つのアプリで完結できるようにする。電気自動車(EV)バスを導入予定の県とも連携、環境に配慮した観光MaaSの実現を目指す。

日光は世界遺産の二社一寺に加え、中禅寺湖や湯元温泉など多彩な観光資源を抱え、多くは国立公園内に位置する。半面、自家用車での来訪が7割を占め、環境負荷の低減が課題になっている。導入するMaaSは環境に配慮し、EVバスやEVカーシェアリングなどを積極的に組み込む。

アプリにはまず移動手段の検索や予約、決済の機能を実装し、その後に自然体験や宿泊などとの連携も図るという。東武鉄道は蒸気機関車(SL)の「SL大樹」の東武日光駅への乗り入れを開始するなど日光地域の観光振興に注力している。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン