栃木銀のビジコン、認知症予防の口腔ケアに最優秀賞

2020/10/22 19:11
保存
共有
印刷
その他

栃木銀行は22日、とちぎんビジネスプランコンテストの最終審査会を本店で開き、認知症予防効果が期待できる口腔(こうくう)ケア商品を手がけるサイエンティフィックケアマネジメント(宇都宮市)の鈴木宏典社長を最優秀賞に選んだ。授賞式で鈴木社長は「まだ事業は始まったばかり。5年後10年後は一般的に使われるようにしたい」と目標を語った。

46人の応募者から5人の受賞者を決定した(22日、宇都宮市の栃木銀行本店)

コンテストは起業家育成を目的に開催しており、今回が5回目。応募総数46人のうち、3回の審査を通過した5人が最終審査会に臨んだ。優秀賞にはリンパ浮腫の患者の肌に貼るシートを開発したとりこっとん by nunology(前橋市)の山田俊介代表が選ばれた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]