/

北海道・旭川駅南に病院・住居開発、一部が11月開業

JR旭川駅南側で開発している予防医療拠点「旭川ウェルネスセンター」が11月24日、一部開業する。社会医療法人元生会(北海道旭川市)が約80億円を投じて整備し、同市内で運営する「森山病院」を移転する。住居棟やレストランも着工し、2022年2月に完成する計画だ。

森山病院(右)が旭川駅南側に移転開業する

元生会の森山領理事長らが22日に記者会見し、発表した。旭川市の駅周辺再開発事業「北彩都あさひかわ」の中核事業で、周辺は人工池や庭が広がる。13階建ての住居棟は不動産開発のフージャースコーポレーションが建設し、96戸を分譲。1階には健康に配慮したレストラン、2階にフィットネスジムを設ける予定だ。

森山理事長は「『病気にならない、させない』が重要な高齢化時代に、予防医療の健康づくりを旭川で発信する」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン