/

この記事は会員限定です

沖縄の中小企業、成長へ少額投資ファンド 藤本氏

興すパーソン

[有料会員限定]

沖縄県は子どもの貧困や進学率の低さなどの問題を抱える。大きな要因は親の給与が低いことだ。勤め先の中小企業の大半は低収益。こうした課題を投資マネーを通じて解決できないかと、地元でIT(情報技術)企業を経営する藤本和之氏はファンド運営会社、SCOM(エスコン、沖縄県浦添市)を昨年立ち上げた。

エスコンは1社当たり1千万円程度の少額を投じ、短期間で成長企業を集中育成するファンド。米ベンチャーキャピタル、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り797文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン