/

この記事は会員限定です

EVシフトの欧州電池市場、今こそ日本のチャンスか

[有料会員限定]
日経クロステック

電気自動車(EV)のライフサイクル全体において、二酸化炭素(CO2)の排出量と吸収量が同じになるカーボンニュートラル(炭素中立)を目指す欧州。その1つの課題とされるのが、EV用電池の生産工程だ。

ある専門家によれば、EVの生産工程で排出されるCO2の半分強は電池の生産に伴うもの。電池の生産工程ではたくさんの電力が消費され、その電力を自然エネルギーなどの再生可能エネルギーでまかなう必要性が高まっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3021文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン