/

ハロウィーン「渋谷訪問の自粛を」 東京・渋谷区長

ハロウィーンでの来街自粛を呼びかける渋谷区の長谷部区長(22日、東京都渋谷区)

東京都渋谷区の長谷部健区長は22日、10月末のハロウィーンで渋谷に集まることの自粛を求める呼びかけを公表した。渋谷駅周辺は例年、多くの若者が仮装姿で集まり、混雑や密集が生じる。新型コロナウイルス感染防止の観点から「路上でたむろする行為は慎んでほしい」と訴えた。

長谷部氏は「予約した飲食店などでソーシャルディスタンスをとって楽しむ分には問題ない」としつつ、「仮装を見に来る人、ブラブラして路上で酒を飲む人は自粛してほしい」と語った。

区は多数の人が集まらないよう、例年用意している仮設トイレや仮装用の着替えスペースを今年は設けない。歩行者天国向けの交通規制も実施しない方針だが、31日には約100人の警備員を街頭に配置する。区職員も巡回する。渋谷駅周辺の酒類を扱う小売店には販売自粛を求める。

ハロウィーンの夜、渋谷のスクランブル交差点に集まった人たち(2018年)

区は代替策として、民間企業が運用する渋谷区の街を再現した仮想空間で、区が公認している「バーチャル渋谷」を活用したオンラインイベントなどへの参加を促している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン