/

この記事は会員限定です

チェリスト堤剛さんの愛器、1733年製モンタニャーナ

[有料会員限定]
 つつみ・つよし 1942年東京生まれ。63年にミュンヘン国際音楽コンクールで第2位(1位なし)、カザルス国際コンクールで第1位。65年米国インディアナ大卒。2004~13年桐朋学園大学長。07年からサントリーホール館長。

愛器モンタニャーナ

演奏家にとって、楽器は自らの分身といえる。私が使っているチェロは、1733年製モンタニャーナ。有名なストラディバリの兄弟弟子とされる製作者だ。いかり肩で横幅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4314文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン