/

スズキ、印グジャラート工場で累計生産100万台

スズキは22日、インドの四輪生産子会社、スズキ・モーター・グジャラート(グジャラート州)で21日に累計生産100万台を達成したと発表した。2017年2月の生産開始から3年9カ月での累計100万台はスズキの生産拠点としては最速となる。

同子会社では17年に小型車「バレーノ」の生産を始めた。18年1月に同「スイフト」の生産を開始した。19年には成長する同国内外の需要に対応するため、完成車の2工場目とパワートレイン工場が稼働した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン