/

この記事は会員限定です

オンラインの長所生かせ 大学授業後期は「複合型」

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

大学が後期日程に入ったが、新型コロナウイルスの感染状況を見通せず、大半がオンライン授業を続けている。対面授業を再開した大学でもオンラインと併用する「ハイブリッド(複合)型」が主流だ。急場しのぎの対応ではなく、対面・遠隔それぞれの長所を引き出す工夫が求められる。

「知識を伝授したり概念を解説したりする授業はオンラインで、実習やグループワークは対面で、と使い分けるのがよい」。千葉工業大学の田隈広紀准教...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り917文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン