/

この記事は会員限定です

荏原、成長のカベに挑む 原動力は「利益の質」2倍

証券部 南畑竜太

[有料会員限定]

ポンプ国内最大手の荏原製作所が成長投資に踏み出す。かつて多角化に挑んで失敗し、事業内容を見直した結果、売上高は5000億円程度で頭打ちとなっている。停滞脱却へ頼りとなるのは効率よく現金を稼ぐ力。利益のうちどのくらいが実際の現金創出につながっているかを示す指標はこの10年で2倍に高まった。本業のポンプや半導体製造装置を中心になるべく短期間で現金を生む案件や、好採算な案件への集中を進めた成果だ。

荏原は20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1243文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン