/

初鹿衆院議員が辞職願提出 女性問題で「けじめ」

昨年12月に知人女性への強制わいせつ容疑で書類送検された野党系無所属の初鹿明博衆院議員(51)=比例東京=は22日、国会内で記者会見し、辞職願を衆院に同日提出したと明らかにした。東京地検は今年9月に不起訴処分としたが、相手の女性や支援者に対し「けじめとして(辞職を)決断した」と語った。

初鹿氏は当選3回。昨年12月、所属していた旧立憲民主党を離党していた。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン