大量リコール必至のシートベルト品質不正 3つの過ち
再燃した品質不正問題(上)

自動車・機械
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2020/10/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「取引が切れるなら、自動車メーカーはそうしたいはずだ。タカタ時代にエアバッグで1度大きな嘘をつかれている。とても信用できない」(トヨタ自動車出身のある技術者)──。ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン(JSSJ、旧タカタ)が造るシートベルトで品質不正が発覚した。今後、大規模リコールに発展する可能性は極めて高い。

JSSJは、自動車用安全部品メーカーである米ジョイソン・セイフティ・システム…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]