/

この記事は会員限定です

茨城産の鶏卵輸出を再開 倉持産業、香港に8万個

[有料会員限定]

茨城県で鶏卵を生産・販売する倉持産業(常総市)は2011年の東京電力福島第1原子力発電所事故で中止した鶏卵の輸出を再開した。このほど香港に約8万個を輸出した。香港は茨城産などの輸入に条件を付けているが消費は旺盛だ。日本市場依存の「殻」を破り、海外需要を開拓する。

茨城は鶏卵の国内生産量で首位だが、香港向けを中心とする輸出では九州などの産地に後れている。福島第1原発事故が影響し、香港側が放射性物質の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1006文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン