/

この記事は会員限定です

対中「クアッド・プラス」構想に欠ける韓国のピース

編集委員 峯岸博

[有料会員限定]

世界を驚かせた10月上旬のトランプ米大統領の新型コロナウイルス感染と軍病院への入院は、朝鮮半島を舞台とした国際政治のパワーゲームに飛び火した。

大統領の不測の事態を受け、ポンペオ国務長官が6日の来日後に予定していた韓国とモンゴル行きをキャンセルすると、はかったように中国の王毅(ワン・イー)外相の訪韓計画も消えた。

中国が米国をけん制しようとしたのは間違いない。ポンペオ氏は拡張主義を強める中国に対抗...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2155文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン