計画は戦略にあらず
十字路

2020/10/23 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

多くの企業で次年度を見据え中期経営計画(中計)づくりが佳境を迎える時期だ。策定にあたり、最近ではよくバックキャスティングという言葉を聞くようになってきた。「ありたい姿・あるべき姿」から「いま」を考える思考法である。環境が激変する時代には必須であるが、こうして一生懸命作った「中計」を開示しても投資家からの評判はいまひとつだ。なぜか。

投資家が知りたいのは、将来に向けた骨太なストーリーとしての戦略で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]