/

この記事は会員限定です

ユニクロ、店舗数の日中逆転が示す強みとリスク

グロービス経営大学院教授が「CAGE」で解説

[有料会員限定]

ファーストリテイリングの運営するユニクロの店舗数で、中国が国内(直営)を上回ったことが話題になりました。日中逆転が持つ意味やファーストリテイリングのビジネスモデルについて、グロービス経営大学院の嶋田毅教授が「アンゾフのマトリクス」「CAGE」の観点で解説します。

【解説ポイント】
・中国は低コスト生産拠点→巨大市場→IT先進地として活用
・企業のグローバル戦略では地理や政治、文化の影響も考慮を
ビジネススキルをもっと学びたい

【関連記事】ユニクロ店数、日中逆...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3549文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン