中古家電、出火に注意 改造やリコール知らずに購入

社会・くらし
2020/10/22 11:00
保存
共有
印刷
その他

取り付けられていた非純正品のバッテリーが発熱し出火した中古パソコン=製品評価技術基盤機構(NITE)提供

取り付けられていた非純正品のバッテリーが発熱し出火した中古パソコン=製品評価技術基盤機構(NITE)提供

インターネットなどを通じて買った中古のパソコンや家電から出火する事故が相次いでいる。フリーマーケットアプリなどで個人間の取引も広がるなか、売り手の改造や欠陥によるリコールを知らずに購入していたケースが目立つ。購入時には製品の情報をしっかり確認する必要がある。

国民生活センターによると、関東地方の20代女性は2019年にフリマアプリで中古の冷蔵庫を購入し、自宅で使っていたところ、6月に突然、冷蔵庫の背面から出火した。家族で消火してけがもなかったが、一時は40センチほどの炎が上がったという。

製品評価技術基盤機構(NITE)が9月にまとめた調査結果によると、2015~19年度に発生した中古品の事故のうち、266件(82%)は製品からの出火などによる火災だった。中には死亡(11件)や重傷(14件)に至った重大なケースもあった。

事故があった製品別ではパソコン(32件)が最も多く、石油ストーブ(25件)、冷蔵庫(19件)が続いた。中古品の入手方法は譲渡が最多の42%を占め、購入ではリユースショップ(25%)やインターネット(11%)が多かった。

電気ストーブの事故では、電源コードを別のコードとつないだ改造部分が接触不良を起こして発火していた。ネットオークションで購入したノートパソコンが燃えた事故は、非純正のバッテリーの異常発熱が原因だった。リコール対象と知らずに購入した洗濯機から出火した事故もあった。

フリマアプリでも多くの電化製品が売買されるなか、メルカリは9月から、製品の欠陥によるリコールがあった場合に購入者らに注意喚起する取り組みを始めた。メーカーの情報を基に購入者や出品者にリコールを伝え、対象製品が出品されている場合は削除する。

ネットの個人間取引で製品の安全性を第三者が確認するのは難しく、こうしたメルカリのような動きはまだ珍しい。

NITEは、買い手側に修理・改造の履歴などを確認するよう呼びかける一方、売り手側にも「自分で修理・改造した製品は提供しない」「リコール対象製品でないことを確認する」といった対応を求めている。

製品安全に詳しいMS&ADインターリスク総研の伊納正宏上席コンサルタントは「製品についての情報を多く持っている売り手側の対応が重要だ。リスクについて適切に情報提供することが事故の削減につながる」と指摘している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]