グーグル元CEO、「違法行為ない」米司法省提訴

2020/10/22 9:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シリコンバレー=奥平和行】米グーグルのエリック・シュミット元最高経営責任者(CEO)は21日、米司法省が反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いで同社を提訴したことについて、「グーグル側に違法行為はないと確信している」と述べた。米ウォール・ストリート・ジャーナルがインターネットを通じて配信したイベント「WSJテックライブ」で語った。

シュミット氏は2001年から11年までグーグルのCEOを務め、1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]