/

この記事は会員限定です

グーグル元CEO、「違法行為ない」米司法省提訴

[有料会員限定]

【シリコンバレー=奥平和行】米グーグルのエリック・シュミット元最高経営責任者(CEO)は21日、米司法省が反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いで同社を提訴したことについて、「グーグル側に違法行為はないと確信している」と述べた。米ウォール・ストリート・ジャーナルがインターネットを通じて配信したイベント「WSJテックライブ」で語った。

シュミット氏は2001年から11年までグーグルのCEOを務め、18...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り428文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン