/

米上院、26日に最高裁判事の承認採決へ 本会議

米最高裁判事候補のバレット氏は保守派として知られる(ワシントン)=ロイター

【ワシントン=中村亮】米議会上院の共和党指導部は連邦最高裁判所判事に指名された保守派のエイミー・バレット氏について、26日に本会議で承認の採決を行う方針だ。共和党の価値観に近い判事を承認し、2週間を切った大統領選に向けて保守派有権者の支持固めを狙う。

共和党上院トップのマコネル院内総務が21日までに明らかにした。本会議に先立って上院司法委員会は22日、バレット氏の適性に関して採決を行う。米メディアによると、承認に反対する司法委所属の野党・民主党の上院議員は同日の採決を欠席する見通しだ。司法委は12~15日にバレット氏の公聴会を開き、人工妊娠中絶や医療保険、移民対策などについて質疑を行っていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン