英社製ワクチンの治験参加者が死亡、ブラジルで

2020/10/22 4:08 (2020/10/22 5:56更新)
保存
共有
印刷
その他

アストラゼネカはブラジルでワクチンの治験を実施している(6月、サンパウロ)=ロイター

アストラゼネカはブラジルでワクチンの治験を実施している(6月、サンパウロ)=ロイター

【サンパウロ=外山尚之】ブラジル政府は21日、同国で実施されていた、英アストラゼネカとオックスフォード大が開発中の新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験(治験)の参加者が死亡したと明らかにした。地元メディアはワクチンではなく、プラセボ(偽薬)を投与されていたと報じている。

新型コロナに感染した28歳の男性が19日までに死亡したという。大手地元紙グロボが報道し、審査当局である国家衛生監督庁(ANVISA)が認めた。

ANVISAは「調査手続きの最中だ」としており、倫理面での守秘義務を理由に詳細を明らかにしていないが、グロボは関係者の話として、死亡した男性が投与されていたのはプラセボだと報じている。ワクチンそのものの安全性に問題は無いとして、治験は継続される見込みだ。

アストラゼネカととオックスフォード大はブラジルでの治験を6月に開始している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]