/

この記事は会員限定です

[FT]バイデン氏当選で米国の気候変動政策、大転換も

モラル・マネー 投資の新潮流を紹介

[有料会員限定]
英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)のニューズレター「モラル・マネー」10月21日号では、11月の米大統領選で民主党候補のバイデン前副大統領が当選した場合、米国の気候変動政策がどのように変化するのかについて論じた。主な内容は以下の通り。

欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は先週、社債を購入する際に、企業の環境目標の達成度や気候変動リスクなどを考慮する方針を明らかにして市場を驚かせた。中立性を重ん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1633文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン