/

この記事は会員限定です

ガバナンス改革の成果と課題 有識者に聞く

検証・企業統治改革(下)

[有料会員限定]

企業統治改革を有識者や投資家はどう捉えているのか。残る課題や、2021年に見込まれるコーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)の改定に向けた論点について聞いた。

「『質』の向上へ、取締役人材の育成急げ」

小林喜光・三菱ケミカルホールディングス会長

――指針の導入で企業はどう変わりましたか。

「企業統治の形式は明確に変わり、グローバル市場に認められる水準の企業も増えてきた。ほぼ全ての企業が社外取締役を招き、女性や外国人の登用も徐々に広がっている。ただ実質的に機能して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4289文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン