/

この記事は会員限定です

日本触媒・三洋化成の統合中止 両トップに聞く

[有料会員限定]

紙おむつ原料の高吸水性樹脂(SAP)を手掛ける日本触媒三洋化成工業は21日、2021年4月に予定していた経営統合の中止を発表した。日本経済新聞の取材に応じた日本触媒の五嶋祐治朗社長、三洋化成の安藤孝夫社長に統合中止の理由や今後の戦略を聞いた。

日本触媒社長「業界再編の志捨てず」

――統合中止にいたった経緯は。

「両社にとって苦渋の決断だ。4月に統合延期を決めてから、新型コロナウイルスの影響で想定以上に環境が悪化している。1~2年先の業績を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1125文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン