/

この記事は会員限定です

JR東、需要減でダイヤ見直し 飲食業で新たな動きも

[有料会員限定]

JR東日本が終電時間を繰り上げる背景には人手不足に加え、新型コロナウイルスによる需要減少がある。路線によっては終電間際の利用客がコロナ前と比べ半減した。私鉄も含めて午後10時台の利用客が終電間際と同様に少ない路線もある。ダイヤ見直しを検討する動きが京浜急行電鉄や西武鉄道など鉄道業界で広がってきた。

JR東は通常、保守点検を終電後から始発前までの200~240分で実施する。作業機械の搬出入にかかる時間を除くと、実質的な作...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り660文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン