/

この記事は会員限定です

ゆがみをただす政治、雇用や新産業の政策に期待

サントリーHD社長 新浪剛史

[有料会員限定]

今回は安倍前政権と新たに発足した菅政権への期待について、お話しします。第2次安倍晋三政権が発足した当時、日本は「6重苦」と呼ばれる経済課題に直面していました。(1)円高(2)高い法人実効税率(3)経済連携協定の遅れ(4)労働規制(5)温暖化規制の強化(6)電力供給不安・電力料金の上昇――です。これらに加えて、長引くデフレや社会保障費の増大による財政赤字など様々な問題を抱えて、日本全体の活力が沈滞し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2123文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

経営者ブログでは、著名な経営者が企業戦略や産業界を取り巻く話題、日常的な発想など幅広いテーマで本音を語ります。 経営、人材育成、会社や組織のあり方、政治や社会問題などをリーダーそして成功者の目線でとらえ、経営者の考え方や役割も学べるコラムです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン