オンライン診療解禁なお溝 対象疾患や診療報酬焦点

2020/10/21 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府の規制改革推進会議の作業部会は21日、オンライン診療の普及に向けた議論を開始した。初診から解禁する方向は固まっているものの、対象となる病気の範囲や診療報酬のあり方を巡って、同会議と厚生労働省・日本医師会(日医)の間にはなお溝がある。厚労省には通院先に受診歴がある患者だけを対象にしたいとの考えもあり、対面原則からの脱却にはまだ高いハードルがある。

「今の特例措置から後退しないよう継続することを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]