/

三陸鉄道、経常赤字最大の6億円予想 21年3月期単独

岩手県沿岸を縦断する第三セクター、三陸鉄道(宮古市)は21日、2021年3月期の単独経常損益が6億1646万円の赤字になる見通しだと発表した。新型コロナウイルスの流行による利用客の減少が響いたためで、同社が開業した1984年度以来で最大の赤字となる。

ただ、特別利益として県や沿線市町村からの運行支援金(1億9000万円)などの補助金を計上する。このため、最終損益では3959万円の赤字となり、損失が大幅に減少する。最終赤字は2期ぶり。

運賃収入はコロナ禍の影響で団体客でキャンセルが相次いだほか、少子化による学校の生徒数減少などにより、前期比48.0%減。運賃以外の収入を合わせた経常収益でも45.2%減の3億7444万円となる。

一方で人件費を8.1%減と抑制するなど経費削減を進め、経常費用も9.0%減の9億9090万円に抑える。

それでも経常収益の大幅な落ち込みが響き、経常赤字は台風19号の被害などで支出が増えた前期(4億348万円)を上回り過去最大となるという。

また三鉄は21日、コロナ禍による団体客のキャンセルが4~8月に1241件(4万9175人)、金額で4175万円分に上ったことも発表。月別では6月が345件と最多で、次いで5月(319件)、7月(260件)などの順だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン