/

この記事は会員限定です

設計3Dでも「指示は図面」 進まぬ製造業データ活用

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

日本の製造業のデータ活用が進まない。経済産業省や民間の調査によると、生産設備の稼働データを集めている企業の割合は過去3年で減少傾向にあることが分かった。個社の生産効率化への投資は進む一方で、データの収集や企業間の共有が進まない。新型コロナウイルスを機にデジタルトランスフォーメーション(DX)の活用が製造業でも広がるが、不確実性の高いリスクを予見する上で、データ活用の後れが課題となりそうだ。

経産省...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1419文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。最初の1カ月間無料で体験いただけます(初回限定)。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン