/

この記事は会員限定です

協和精工、インドに合弁会社設立へ 海外市場初進出

[有料会員限定]

精密部品加工の協和精工(長野県高森町)は、2021年にもインドに合弁会社を設立する。主力事業の1つで、産業用ロボットなどに使われるブレーキを手掛ける計画だ。同社として初めてとなる海外進出をきっかけに、販路の開拓や生産体制の強化などを加速する。

合弁会社はパートナーとなる現地の商社が51%、協和精工が49%を出資する。ニューデリーから車で1時間ほどの都市のマネサールにある建屋を活用し、事務所と生産機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り639文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン