/

この記事は会員限定です

富山第一銀、窓口のキャッシュレス推進 コンサル注力

地域金融のいま

[有料会員限定]

富山第一銀行は11月から店舗窓口のキャッシュレス化を推進する。独自開発した税金支払いなどの専用機を約15ある少人数店に順次導入。これらの店舗の窓口で扱う現金の量を約9割減らす。同月に改装オープンする店舗をモデル店として、通帳発行も原則やめる。行員の事務負担を軽減し、収益につながるコンサルティング業務に力を注ぐ。

同行は、スーパーなどで客が自ら会計できるセミセルフレジの支払機を改良し、税金や電気・ガスなど公共料...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り871文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン