/

JR終電繰り上げ「丁寧な説明求める」 官房長官

加藤勝信官房長官は21日の記者会見で、終電時刻の繰り上げを発表したJR東日本に関し「丁寧な説明や周知などの適切な対応を求めていく」と語った。「利用者利便の確保や新型コロナウイルス対策も重要な課題だ」とも述べた。

JR東日本は首都圏在来線の終電時刻を繰り上げた2021年春以降のダイヤの概要を発表した。終電後に実施していた線路などの保守・点検作業の時間を確保し、作業員の就労環境の改善を図る狙いがある。山手線や京浜東北線など17路線が対象になる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン