/

NOK、4~9月期の最終赤字101億円 希望退職者を300人募集

エンジン部品メーカーのNOKは21日、2020年4~9月期の連結最終損益が101億円の赤字(前年同期は13億円の黒字)になったと発表した。主力のエンジン部品の売り上げが伸びなかった。子会社で希望退職者を募り、特別損失を計上する。

4~9月期で最終赤字になるのは、金融危機のあった09年4~9月期以来、11年ぶり。中国では新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着き、主要取引先の自動車メーカーの生産が復調したため、従来予想(165億円の赤字)は上回った。

売上高は前年同期比17%減の2554億円、営業損益は79億円の赤字(前年同期は21億円の黒字)だった。エンジン回りの油漏れを防ぐ「オイルシール」では中国を中心に受注も回復してきた。4~6月にコロナの影響で複数の自動車メーカーが生産休止した影響から挽回できず、赤字脱却にはいたらなかった。

柔軟に折り曲げできる回路基板では次世代通信規格「5G」に対応した高性能なスマートフォン向けの需要が高まってきたが、全体の受注量が伸び悩んだ。

同日、回路基板の子会社、日本メクトロン(東京・港)で全従業員の3割にあたる300人の希望退職者を11月1日から12月31日の間、募集すると発表した。21年3月期の連結業績は売上高が5302億円、最終損益は242億円の赤字とした。雇用調整で47億円の特別損失を計上する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン