/

この記事は会員限定です

新潟の古町商店街、現代アートで彩る 活気呼び込む

まちづくり人づくり

[有料会員限定]

人口減少や郊外型大型店の増加で「シャッター通り」と化す地方の商店街が増えている。新潟市の古町商店街も例外ではない。新型コロナウイルスの影響でさらに衰退が懸念されるなか、「現代アート」を活用した街おこしが始まった。商店街をアートで彩り、失った活気を取り戻す。

メインストリートの一つ、古町6番町商店街。店舗の移転や閉店が相次ぎどこか廃れた印象のあったこの場所が今、新たな「SNS映え」スポットとして人気...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り930文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン