/

小泉環境相「EV支援充実させたい」、日産施設を視察

小泉進次郎環境相は20日、横浜市にある日産自動車の体験型施設「ニッサンパビリオン」を視察した。同社の新型電気自動車(EV)などを見学した。環境省では災害など非常時の電力供給源になるなどとして、EVの普及支援に力を入れている。小泉環境相は記者会見で「EVに対する支援をより充実させていきたい」と述べた。

小泉環境相は日産の内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)から、新型EV「アリア」や、同施設が来場客のEVの蓄電池機能を使って給電されているなどの説明を受けた。日本政府によるEVへの資金面の支援は欧州と比較して半分程度にとどまっており、小泉環境相はEVの普及に向け、支援の必要性を訴えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン