「一番しぼり」の花酒、伝統製法で 与那国・崎元酒造所
九州・沖縄 拠点を探る

2020/10/22 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本最西端に位置する与那国島。東シナ海に浮かぶこの孤島は他の島との交流が難しかった分、独自の文化が息づく。アルコール度数が60度と、一般的な泡盛の2倍ある「花酒」もその1つだ。崎元酒造所(沖縄県与那国町)の工場は昔ながらの製法を守っている。

島北部の山あいに立つ工場に近づくと、甘酸っぱい香りが漂う。床面積が730平方メートルある工場には、大小25個のタンクや釜などが所狭しと並ぶ。8人の従業員が年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]